our concept

釣り人だから作りたかった。

釣りが好きで釣りに関するモノなら何でも作りたい企業「プラスエム」が

満を持してスタートした『釣り人デザイン雑貨』です。

ただの魚モチーフ雑貨ではない。

釣り人だからこその「魚類への愛」をモノ作りで表現しています。

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
発送のみ
休業日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
発送のみ
休業日
mamasshop pechepeche
 

トップ > 雑貨 > アイロンアップリケ > アイロンアップリケ アマダイ

アイロンアップリケ アマダイ

釣り人に人気の日本近海で釣れる魚45種が程よくリアルなアップリケに。
アイロンで衣類やバッグなどに貼り付けられるのはもちろん! 
工夫次第でさまざまなグッズをオリジナルの釣り人テイストに変えられます。

サイズ : (約)W5.5cm×H2cm
商品コード : PP-001-013
価格 : 740円(税別)
数量
 

10,000円以上は配送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

【アイロンでの接着取り付け方法】

<必ずお読みください>
・アップリケ生地やフィルムが傷んだり溶けたりしますので、アップリケの表側(刺繍部分)と裏側(接着フィルム部分)に直接アイロンを当てないでください。
・アップリケが変質したり、貼り付けする対象物が変質する可能性がありますので取り付け時に温度を上げたり、長時間アイロンを当てないでください。
・アイロンで接着する際は必ずあて布(不要なハンカチや端切れ生地など)を使用してください。

<取り付け時の注意事項>
・一度接着すると剥がす事はできません。予め取付け場所を決めてから接着作業を開始してください。
・次の製品への使用はお避けください。
[ 熱に弱い製品 / 防水加工した製品 / 伸縮性が高い製品 / 毛羽立ちの多い製品 / 本皮製品 ]
下記のような素材や場所はアイロン接着ではなく糸止めやミシン止めをお勧めします。
[ 厚い生地 / ボタンやファスナーなど金具の近く/熱に弱い素材 ]
アイロン作業中はやけどやその他の事故に十分注意してしてください。

<用意するもの>
・アイロン(できればスチームアイロン)
・あて布
・霧吹き(スチームが使用できない場合)

<接着手順>
1.貼り付ける位置を決める。
2.アップリケの上にあて布をかぶせる。
3.当て布をしたアップリケの上から低温〜中温(約150度)のアイロンで強く押さえるように5〜10秒程度接着する。このときアップリケがずれないよう、慎重にできるだけ真上からアイロンを当てる。
4.同様にアップリケを付けた生地の裏からもあて布をしてアイロンを押さえるように当てる。
※裏からアイロンを当てられない場合や、表からの加熱のみで接着出来ている場合はこの手順は省く
5.アイロンとあて布を外し、そのまま動かさずに5〜10分程度放置し完全に冷ます。
6.接着状態を確認し、不安がある場合は手順[1]から[4]を繰り返す。但しその場合は生地やアップリケが熱で傷まないように注意する。

<接着のコツ>
・2〜3回アイロン接着の手順を試みても接着が不完全な場合は糸での縫い付けをおすすめします。
アップリケや貼り付ける生地の傷みや変質の原因となりますので、接着が不完全な場合でもアイロンの設定温度を上げたり、長時間アイロンを当てたり、当て布をせずに直接アイロンを当てることはお止めください。